2018年3月29日木曜日

ケーシィ(クラリス君)擬人化























・基本データ
【名前】クラリス=サマーズ/Claris Sommers
【性別】男
【年齢】8歳
【職業】小学二年生
【身長】93cm
【体重】14.5kg
【性格】穏やかで争いを好まない。読書好きで、いつも何かの本を持ち歩いている。
【一人称】僕
【出身】フィヨルドの街・カントリータウン

【服装と特徴】
グルグル眼鏡がトレードマーク。ぶかぶかの帽子。
丈の短いローブの下に黄色い服、半ズボン、白いソックスと革のスニーカーを履いている。
運動しないせいか、年齢のわりに身体が小っちゃい。本当に小っちゃい。左利き。

【趣味】本を読む事。
【苦手なこと】運動する事。僕、あんまり体力なくて……。
【好きな食べ物】ポップコーン。
【嫌いな食べ物】ブラックオリーブ。ヘンな味がするし。でも、体にはいいんだってさ。
【将来の夢】学者さんになりたい。パパは会社を継げっていうけどね……。


・歩く万能図鑑
その土地に関する情報や豆知識を教えてくれる物知りな少年。
たまに"難しい話"もあったりして、わずか4歳のロトムにはチンプンカンプンな時もある。


◀知識をひけらかすのが好きで、説明するのが得意(17番目のゴッドストーン12話)。
口癖なのか、よく語尾に「だってさ」「なんだってさ」をつける事が多い。










・父親フーディンとの関係
『中央の島々』にあるフィヨルドの街・カントリータウンに暮らすケーシィ。
お金持ちの父親と「立派なお屋敷」に住んでいる、いわゆるボンボンのお坊ちゃまである。

ただ、父親のフーディンは息子ケーシィに自分の会社を継いでもらう事を望み、
「ビジネスの集中教育」をさせようと考えているが
ケーシィはそれより学者になりたいらしく、"高等教育が受けられるワザ学校※に通いたい!"と、現在はクラル・ベルク校という小学校に通っている。

よって父との仲は「険悪」で、サマーズ家はしばしば親子喧嘩が絶えないらしい……。

※星の塔世界の一般的な学校。
ポケモンの活動に最も欠かせない「ワザの使い方」を中心に、生活していくための知識や教養的な学問を教わる。
New!ポケットアイランド物語のシルヴァー学園もその一つ。ただしあちらは全寮制。


◀大企業『サマーズグループ』を経営している父親。
自分の跡継ぎになるべき息子が言う事を聞かず、のんきに旅を楽しむのがたいそう気にくわないようだ。(17番目のゴッドストーン11話)。











読書大好きで、聡明なケーシィ君の未来はいかに……。













PS:
ミルキアロです。

擬人化を一新する事にいたしました。
これまでのは背景が「素材屋さんから借りたもの」だったり、単純に「ヘタクソ」だったり、
問題が多かったため、ミルキアロとしては我慢なりませんでした。

このさきイラストを描く上でとりわけ重視したいポイントは、
"背景をしっかり自分で描く事"と、"子供キャラをより可愛らしく描けるように"の2点です。
この2点を意識しながら、これからは描いていこうと思っております。

さらに……『New!ポケットアイランド物語』のエーテル号編は大失敗だったので、
ピチューたちの旅立ち前から修正する事にしました。

理由はつまらないから。自分で読み返してもつまらない。果てしなくつまらない。
何かを根本的に間違えたとしか思えない。

毎度毎度、やり直してばかりの身勝手な管理人で申し訳ありません。
(いつになったらピチューさんはワザを使えるようになるのやら……)


0 件のコメント:

コメントを投稿