2017年8月24日木曜日

海の街でアルバイトするニャオニクス姉弟















海辺のストリートで新聞配達

こんにちは、ミルキアロです。
2枚目の「トップ絵」が仕上がりましたのでご紹介。

今回のシチュエーションは、海の街デイズマリンでアルバイトをしている「ニャオニクス姉弟」です。
時系列は「New!ポケットアイランド物語」のChapter7あたりとなります。
(だいぶ縮小してありますので、原寸大を観たい場合はこちらでどうぞ。)


生活の費用を稼ごうとビーチ街でアルバイトする双子のニャオニクス。
姉のマリーちゃんはカフェで店番。弟のシルバ君は街で新聞配達をしている様子。

カバンをぶら下げ、民家やポケモンたちに「ポケモンジャーナル」を配って走るシルバ君。
道ばたにいたガルーラの親子にさっそく一部あげていきました。
この時、お母さんの袋にいた子供が出てきて、代わりに受け取ったのだとか。

しょっちゅう配達のアルバイトをしているシルバ君なので、街のポケモンとはすっかり顔なじみです。

一方カフェでは、店番をしているマリーちゃんの所へ「ペンション・カンナギ」のミルタンクおばさんが
しぼりたての「モーモーミルク」を届けにさっそうと登場。
さらに、ミルクを目当てに「市長」のサニーゴ君がこっそり来店しようとしています。

夕方、アルバイトが終わって「ペンション」に帰る二人。
特にシルバ君は一日中駆け回ったおかげでくたくたでしたが、ミルタンクおばさんがシルバ君の大好きな「魚料理」
キンキンに冷えた「モーモーミルク」をご馳走してくれて大満足だったそうです。

二人とも、この日はお疲れ様!





0 件のコメント:

コメントを投稿