2017年8月2日水曜日

アーカラカラ山を登るニャオニクス姉弟















活火山に挑むマリーちゃん&シルバ君
ニャオニクス姉弟 カプ・テテフを求める旅《終》の1シーン。
幻のポケモンカプ・テテフに会うべく、彼女が住むという
「アーカラカラ山」へやってきたネコの姉弟・マリーちゃん&シルバ君をイラストにしてみました。


活動が激しくて、しょっちゅう噴火するという危険な活火山「アーカラカラ山」。
ドロドロに溶けた高温のマグマがそこら中に流れる山の表面を
足を踏み外さないよう一歩ずつ慎重に、ゆっくりと、
煙が立ち込めるあつ~い中を歩いていく二人の身体はススだらけで、汗びっしょりです。

途中シルバ君が岩につまづき、うっかり溶岩の中に足を突っ込みそうになるのを
マリーちゃんが一生懸命しっぽを引っ張り助けています。

突然の事にビックリして、慌ててジタバタするシルバ君は靴もかたっぽ脱げちゃいます。
マリーちゃんと違い靴下を履いていないので、靴が脱げるとすぐ裸足です。
肉球がプニプニしていて柔らかそう。(単に肉球が描きたいだけじゃないか?とか言わない!)

基本いつも冷静で、子供とは思えないぐらい達観している感じの二人ですが、
それでも姉のマリーちゃんに比べると、シルバ君はやや「活発で向こう見ずな部分」が多いらしく、
今回のようにしょっちゅう危なっかしい目に遭うそうです。

この後、二人はどうにか頑張って山頂に辿りつくのですが、そこで火口に落ちそうになってしまい、
間一髪のところでテテフさんに助けられて、彼女の部屋で気が付く事になります。
よかったね!







0 件のコメント:

コメントを投稿