2016年12月2日金曜日

ジラーチの詩

ゆらゆらと揺れるオーロラの光を
ぼくは2つの眼(まなこ)を通し、見つめている。

中と外、
結ばれる事の無い2つの空間(セカイ)
透明なガラスに隔てられた、近いながらも遠い場所。

ずっと外側から見守るしかなかった。


神様へ、どうか世界にあるものすべての時間をとめて下さい。
ぼくと同じようにとめて下さい。

幸せがずっと続くように、
大好きなともだちと、いつまでもいられるように。

オーロラのさきにある極星(ポラリス)に、ぼくは願いを込めた。




0 件のコメント:

コメントを投稿